教会の証し

どのようにして教会へ行くようになったのか   (K.N 兄)

わたしが信仰を持ったきっかけ~

 

 

私は牧師の子に生まれました。

ですので、生まれた時から教会にいるような者です。

 

ただ、それですとお話が終わってしまいますので(笑)、幼少の頃を少し振り返ってお話をしようと思います。

 

幼い子どもはいろいろな真似をして成長します。それが親であれば、周りの人たち、テレビの画面であったり・・・・私も例におよばず、親の真似をよくしていました。しかし、牧師の子どもとなりますと話は少々変わってきます。

 

教会が自宅だったため、なんの躊躇もなく講壇にも上がってはしゃいでいた幼い頃、私はよく「礼拝ごっこ」と称して礼拝の司会の真似をしたりしていました。

 

その礼拝ごっこで、どうやっても真似できないものがありました。聖餐式の真似です。

 

聖餐式では信仰を持ち、洗礼を受けた方がパンとぶどう酒を礼拝でいただく式。

私はこれを、一時期本当によくやっていたと思います。

食事にパンが出たり、飲み物が一緒に出てくると、よく父の真似をしていた気がします。

 

しかし、これが実際の礼拝の時にはできませんでした。

なぜなら、私はまだ洗礼を受けていなかったからです。「大人のみんなはパンとぶどう酒をいただくのに、ぼくはそれに参加できない。どうしてだろう。」このもどかしさをいつも感じていたのでした。

 

「ぼくも聖餐式に参加して、同じことをしてみたい。」

思えば、これが私にとっての信仰を持ったきっかけだったのではと思います。

 

その後、幼稚園を卒園して間もなく、私を含めて4、5人が洗礼を受けることになりました。当時は風呂場に水を張って。

水に顔をつけるのが苦手な私だったので、後に受洗直前直後の様子は写真で見た時に、まともに写っている写真がなかった記憶があります。

 

 

あれから20年あまりが経ちました。

紆余曲折の中で、神様はこのような形で私を教会に送ってくださるようになりました。

 

教会に行ける喜びをかみしめながら信仰生活を歩んでいきたいと思います。

 

「しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。」 ヨハネの福音書1章12節